2014/04/19

バーミリオン ヒュー

バーミリオンとか、セルリアンブルーとか、
高い絵の具には必ず「ヒュー」とか「チント」とかが付く
色を似せた顔料の違う安い絵の具があって
そんな偽物はやがて劣化するから使うな
と、学校の先生には言われていた。

学校で描いた
壁から川の流れのようにつたう布に
やさしく包まれたパイナップルが
コンクリートのブロックの上に置かれ
さらに流るるトイレットペーパーに
あらゆる酒瓶と共に林檎が寄り添っているような
不自然な静物画を
後生大事にとっておこうなんて思っていなかったし、
セルリアンブルー ヒューはよく使っていたかな。

本物とか偽物とか
わからない訳ではないけど
そんな習作にやっぱり本物は必要ないし、
そうじゃなくても
バーミリオン ヒューじゃないと
駄目なことだってあるんじゃない?


節約しろってことじゃないよ。

本物とか偽物とか
プロとかアマチュアとか
ブランドとかファストファッションとか
全部使いようになったなぁと思って。


あ、スタップな話とか
サムラゴチックな話がしたいわけでもなくって…
(かなりいろいろ思ったけど…。)

今はバーミリオン ヒューだって性能がいいらしい。

2014/04/09

現状

いい加減ホームページを作りなおさなきゃと思って
すこしづつ整理をしている。

あと、このブログも
もっとノートに端っこに書いてあるようなこととか
つぶやくレベルで
書いてみた方がおもしろいかもなぁと思っている。

とりあえず、
前ホームページにのせていたようなモノも
このブログにまとめた。
むかしの方が
書くことに慣れていなくて
書くことに愛を感じる。
いや、今も慣れてないけど…
なんか最近書いているコトは
誰もみてないと思っているから
エラそうでヤな感じ。

2014/01/21

2014



すっかりブログも放置して
世の中にモノを発言しない感じになっていたけど
わたしは元気です。

毎年年が明けたらこちらに書いていたんだった!

いつも思っていることは
毎年見える景色は物理的には一緒だけど
精神的にはすごく変わっていること。
それがとても幸せだなぁと思う。
いつだってちゃんと自分の考えや感じ方を更新できていると
とても豊かになっているなぁと思う。

最近よく考えているのは女についてとか
理性というモノのパンク性についてとか
男社会の暴力性みたいなモノもね。
目に見えたり、精神的なものじゃなくて。
なんかもっと生命体として見たときのね。
もうちょっと限界なんじゃない?

もっと美意識見つめなおせ!
その美意識の根底はなにか?
素直になってこそ美しいよ!

とだけ、ね。
こうゆうことを書くとなんか狙ってるように思われちゃうけど
バカはバカなりに結構真剣に言ってますよ。


年がはじまってもう20分の1が過ぎて
相変わらずの日常がとっくにはじまって、終わらないうちに

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


sochi2014を結構空目してしまう
sachi2014より。




ちょっと注訳のコーナー



なんていうか…
このビデオに書いたことが結構収まってるんですけど。
雑に書いた方が女っぽくていいなぁみたいな感じとか
女の子がやるからこうゆうのわかりやすいなぁとかも含めて。

わたしがこれに感動したことは
毎日バラエティ番組見ちゃったり
ミランでの本田のこと気にしたり
大相撲観て、また白鵬の一人勝ちかよ!とか思ったりしてるような
ミーハーさを持っているからできることで
こうゆうナリをしたものを
数年前には2013年に聞くであろうとは予想できなかったし
これに感動できてから見える?聞こえるかな?世界が変わってきて
もっと思考する幅が広がったなぁみたいな
そうゆう豊かさ。

気付こうと思わなかったり
むしろ偏見をもってしまうようでは駄目なんだよ。
なんでもいいんでもなくて
わかんなくっていいから
そうゆうこともスタンダードなんだという認識をね。
みんなスタンダードなんだよ。
もっと価値観は多様化するからね。

というようなことを考えている
めっさまともだなぁ。
奇をてらっていると思うのは愚かさが成す技だっしょ!

キツいこと言ってる訳じゃないですって!

2013/08/17

FISH



チーズケーキを食べながら、
ノイズのLIVEを観る夜があるとは思わなかった。

チーズケーキに入ったココナッツなんて
もう繊細すぎてわかんなかったけど
その破壊された感覚もなんだか繊細だった。かな?
LIVEというよりはアートの気分だったけど。
あらゆる表層が全部無だった。

ノイズが馴染むほど
わたしはクレバーではないから
そうゆう風にしか感じられないけど
すごくおもしろかったの。


人のスタイルはその人の今でできていると思う。
その人の今は
NOWなことだけじゃなくって
今知った過去のことも今だから
過去はその人の今のスタイルに生かされる。
過去を振り返るんじゃなくってね。
過去の今があっての今のスタイルでもあるのかもしれないけど。

インターネットがなかった頃は
沢山知って、沢山ディグんないと
NOWなことも過去もスタイルにできなかったから
知識があるだけ
自分のスタイルが作れたのかもなぁ。

今はあらゆる世界のNOWなことも
過去の良いものもネットで見つけられるから
かつてより沢山のスタイルが作られていけるんだと思う。
逆に簡単にできること過ぎて
なーんの精査もしなくなっちゃって
それがわかってる人が
少なくなっちゃってる気がしなくもないけど。

ただ今もむかしも
スタイルなんて持ってても
存在してないと意味がないから
知識は膨大なサーバに預けて
自分がフィジカルにどこに存在するかってことの方が
大切なのかなぁと思っている。
かつては自分が欲しいものをGETすることすら
フィジカルだったから
当然のように自分の存在すべき場所にいたんだろうけど。

でもそうゆうむかしを賛美したいんじゃなくてさ。
なんなら
過去のスタイルにあぐらかいてんじゃねーよ!
歳食っても、今はあり続けるからね。
いつだって今のスタイルを誇れるといいよね。

自分の在りたい場所に在ることでしか証明されないから
空気ばっか読んでないで
汗水垂らして死ぬほど汚れたらいい。
シーンばっかりは
今!NOW!じゃないと作られないと思うから。
今そこにしかないから。
だからミーハーに今を追っているのは楽しいなぁ。


その夜はそんなシーンが作られてきた気がしたんだ。
P.I.G.S.だけじゃなくて
一人一人のスタイルが自由過ぎて
東京の夜っておもしろいなぁと思ったから。
クロエがお忍びで来たことなんかより
ねえさん、事件です!

あとはCHIROみたいな女の子が東京にいるってのが
ホントに素敵なことだなぁといつも思うよ。
あんな風にはなかなかなれない!


チーズケーキなんかより甘い考えなのは確かだけど…
そうやって自分に言い聞かせている…2013夏
そしてこうゆうの、言葉にした瞬間に
なんかダサくて泣けるなぁ…

FISH!FISH!FISH!

2013/07/16

生命は蔓延りたくて生きている

こんなにセンチメンタルになるのは
夏の夜風が冷たくて気持ちが良いからだろうか。
いや、夏の夜風邪がなかなか治らないからだろうか、ね。

熱も下がらないし、
咳込むばかりで、
ひとりぼっちの家を過ごすしかなかったから
ずっとソファーでじっとしていた。
クーラーの風が寒いのか
涼しいのかもわからないから
夏は風邪なんかひくもんじゃないね。

体が弱くなると、
精神的にも弱って困る…
と言いたいところだけど、
そうでもないかな。
センチメンタルとわたしの人生は別の事柄だから。

目の前を過ぎるあらゆるモノに
悪態をつけるくらいには元気だよ。


テレビを観ていたら、
長沼毅先生が生命は蔓延りたくて生きているみたいなことを言っていた。
精神みたいなものの根源も蔓延る為にあったモノなのだろうけど
精神が成熟すればするほど、
生命が蔓延ることは難しくなっているんじゃないかなぁ。
もう既に蔓延ることの対極にあるようなモノじゃないかなぁと思う。

その蔓延りたがる根源のせいで
貧弱な精神を与えられてはいないだろうか?とも思ったな。
だからこそ、
反抗することが人間のチカラになりやすいのかもしれないし
怠けたいなんて欲求が簡単に生まれてくる。

わたしたちの生命は
蔓延ることに抵抗しながら、
蔓延っているね。

そう考えると少子化するのもあたりまえだね。


誰かに言われたけど、
口答えしていないわたしなんて面白くないって。
反抗したいんじゃないの。
きっとわたしの精神を成熟させたいだけなんだろうよ。
不器用な生命でごめんなさい。


だから
体が弱っているけれど
生命はとっても元気なようです。

で、結局はただこの曲が
センチメンタルの気分を誘っただけなんでしょうね…



2013/07/05

ひっそりと

たまにはなにか書きたくなって
ぼんやりここへやってきた。

言いたいことはいっぱいあるはずなのに
ぼんやりきちゃっただけだから
結局なにを書こうかなぁなんて思うだけだけど。

でもね、
わたしは普段お買い物でしか
自分のこと、自由に表現してないから
ここに書いていることは
いつもより遥かに自由でうれしいこと。
だからちょっと構えてしまうのだけど…


昨日、俗にいう「かわいい」服を買った。
でも「かわいい」なんて
田舎くさい言葉を言われるためには買っていないよ。

ずーっとずーっと
「かわいい」という言葉がキライ。
こんな便利な言葉があるからさ
インテリジェンスが貧困になるんじゃないの?

イメージはイメージのためにあるのではない。
かといって知識のためにある訳でも
自分の富をひけらかすためにある訳でもないよ。

秋になったら
ちょーかわいいフワフワしたぬいぐるみみたいなセットアップを着る。
「かわいい」という社交辞令に反抗するために。

何にも反抗しなくなる時なんてくるのかなぁ…
きっとこんなちっぽけなわたしにとっては
反抗しなくていい世の中も考え方も
そんな簡単に生まれることはないだろうなぁ。

ポジティブな言い方をすると
今ということを真っ当に生き続けるということなのだけど。


こうゆう自由に子宮で書いてるみたいなのを
もうちょっと書いてもいいのかなぁなんてぼんやり思ったりもするんだ。



こうゆう子宮力はとても魅力的。

2013/01/08

SNAKE YEAR〜



「巳年の人は大通りを行かずに、小道をクネクネと走るのよ。」
そんなことをむかし母が言っていたのを思い出していた。
実際そうなのかはわからないけどね。

歩くんだったら、
クルマいっぱいの大通りを歩くけど、
いつだってたくさんの寄り道をしながら
小道をクネクネと歩くように生きているのかもなぁ。

メインストリームでなにか見つけるよりも
見つけ甲斐があるもんね。
あんたなんかには内緒よ♡ってなもんで。

きっと今年もたくさんの寄り道をする。
そんなに穏やかなことばかりではないけれど、
見つけ甲斐のある楽しい2013年になるといいですね。

みなさまのご多幸をお祈り申し上げます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!



何ヶ月もちっともなんにも更新しなかったけど…
年の始まりくらいは
なんか書かないと始まりにくいですね…
ホームページもしなきゃなぁ…(反省)




蛇足。

ヘビの曲を探していたのだけど
いまいち気分じゃなくって、
ただの気分だけだと、お年始ぽくなくて…

ヘビ年のお正月。
こうゆうことですかぁねぇ〜
だって小栗旬、挙式やってたしさ…