2009/09/24

FOREVER 21

FOREVER 21といったら
あの原宿の「永遠の21歳」がテーマな量販店。
ってゆうハナシじゃなくて。

21歳くらいの頃、
周りのオトナたち、
といってもその‘オトナ’というのは
30歳前後の人たちのことで
そう、つまりは今のわたしぐらいの年のころ。
彼らが
「オレは30だから」みたいなことを
よく言っていたのだけど
わたしはすごく子供扱いされているようで
なんとなーくえらそうで
くやしかったのを覚えている。

29歳のわたしも
「29だから」みたいなことを
気がつけば、言ったりしていて
いやぁ〜だなぁと思っていた。
若いといったらまだまだ若いし
老いぼれた気分なんか全くなくって
むしろ会社を辞めてからは
ますます21歳の頃みたいな気分で生活している。
だって、29歳って
もっとオトナなんだと思っていたもの。
どんなに歳をとったって
自分は自分だから
結局、自分がこどもの頃
想い描いていたオトナのイメージには
一生なれないんだと思う。

あの‘オトナ’なんてのは
きっと妄想でしかない。
こどもの頃から生きてきて
いろんな感情に出会って
泣いて、笑って、苦しんで…
沢山の喜怒哀楽を経験してきた。
いつまで経っても
結局自分は弱っちくて
正直、誇りに思える人生なんかじゃ
全然ないんだけど。

それでもそうやって
経験してきたことしか
今のわたしは頼りにできないから
それだけが糧になる。
生きてきたことが
別にえらいわけじゃなくて
ただ自分が29年生きてきたことを
一生懸命認めているのだと思う。
そうやって、この今をふんばって、
その、29歳って年齢を
一生懸命生きようとしている。

「29だから」ってのは
そんな言葉なんだろうなぁ
と、最近思う。

気持ちはいつだってFOREVER 21なんだけど、
わたしの29年がわたしの29歳だから
29歳の気分もそう悪くないなぁなんて…
わたし、「29だから」思うんだと思う。

まぁどのみち、
FOREVER 21で服を買える精神は持っちゃいないし。