2011/01/13

『セゾン文化は何を夢みた』




セゾン文化にどっぷり浸かれた世代ではないけれど
シネヴィヴァンやWAVEには
そこそこお世話になったし
西武でバイトもしてたから
なんとなく買ったのだけど。



子供の頃からセゾン美術館へ何度か行ったことを思い出した。

小学生の頃、
無理矢理父についていって観た展覧会が
何だったのかは調べてもでてこないのだけど
あの時観たウォーホルのキャンベルスープが
壁にズラッと飾られていた光景は
いまだに記憶に残っている。
当時のわたしには
何のことだかさっぱりわからなかったけど。
わかんなかったから覚えているのかな。


フランチェスコ・クレメンテも
筆のベタっとした質感にドキドキして
なんだかとても印象的だったなぁなんて。
このお正月に
現代美術館の企画展で
クレメンテの作品を観て
そんな記憶と再会したばっかり。


そんなことだって
わたしの何かになってたりするのよね、きっと。



で、
「文化は事業になるが、芸術は事業にならない」
という堤清二のインタビューの中の言葉が
とても印象的だった。


わたしが芸術を志せなかったのは
事業にならないからだ
なんて言うと大げさすぎるけど
そんなようなことも思って
ファインアートを辞めたから
というのもあるし。


文化の中には商業がたくさんあること。
商業によって文化が壊されていくこと。
日本じゃだいたい壊されていく。
いつだってそれがやるせなくって。

文化なんて自分が発信しないと何もはじまらないのに。
作られるもんじゃないんだよと
いつでも思うけど
日本ではいつも作られようとする。

だからセゾン文化がなくなってしまった
って訳でもないかもしれないけど
文化が発生するような日本を
わたしも夢みてるから
今日もがんばって服を着るし
今日もかっこいい音楽を買うんだけどさ。

要するに
がんばらなくちゃって
改めてすごく思ったの。

2011/01/06

2011




思えば遠くに来たもんだ。

2010年の終わりから
なんだかそんなことを思っている。


2011年がスタートしたけど
いまだのんびり暮らしています。
年末ものんびりたっぷり遊んでいた分
心配な年明け…



年末は大島に行ってきました。

たった一泊なのに
船に乗って島へ行くというのが
なんだか旅気分でウキウキしました。
でも山登りが大嫌いなわたし。
全然登るつもりもなかった三原山に登ってきました。
塗装された道路にだまされて
フラフラ登っていくと
そこは真っ黒なオレオ世界!








登るつもりも無かったのに
自分も溶岩みたいなファッションで身を包み
グッドマッチングだったけれどね。




帰りのコースが
ホントに溶岩道すぎて
転ばぬよう見続けていた足元が
真っ黒な溶岩だらけで
暗い世界に吸い込まれそうになりました。

思えば遠くにきたもんだ!なんて
ホントに怖かったよぅ…

もう山なんて二度と登るもんか!


あ、そうゆうんじゃなくて。


ただただアーティストになろうと
自分のことすらコントロールしたくなかった
10年前はこんな風に生きてくなんて
思ってもみなかったけど
こんな風に生きる為に
進化してく過程でもあるのだなぁと。

劣化することや老化すること
全ては進んだことであるし
進むために思考したり
自分の足を向かわせたり
たくさんのことは
誰かや何かに導かれているとも思うけど
要するにずっと進化するということが
わたしだろうと
世の中だろうと
生きていることなのだなぁと思ったり。


ファインアートを辞めて
コマーシャルアートを選んだこと。
いまだにその周辺で働かさせていただいていること。
そのことに感謝して
2011年は改めて、
デザインという仕事をもっとしたいと思いました。

はじめてからもう8年以上の月日が経つというのに
グラフィックデザイナーという仕事、
アートディレクターという仕事に
こんなに興味を持っているのは
恥ずかしながら、はじめてのことだと思う。


自分の向かおうと思った道を一歩一歩進んで
わたしが進化した先が
グラフィックデザイナーであり
アートディレクターであることは
振り返ると
思えば遠くに来たもんだなぁと
思わずにはいられないのです。

全く中原中也の詩のごとく…。



そんな進化を
今年はもっと楽しみたいと思う所存であります。

そして
更なる素敵な進化の2011年になりますよう
みなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさまの素敵な進化もたっくさん応援しております!!!



小川紗知