2014/04/19

バーミリオン ヒュー

バーミリオンとか、セルリアンブルーとか、
高い絵の具には必ず「ヒュー」とか「チント」とかが付く
色を似せた顔料の違う安い絵の具があって
そんな偽物はやがて劣化するから使うな
と、学校の先生には言われていた。

学校で描いた
壁から川の流れのようにつたう布に
やさしく包まれたパイナップルが
コンクリートのブロックの上に置かれ
さらに流るるトイレットペーパーに
あらゆる酒瓶と共に林檎が寄り添っているような
不自然な静物画を
後生大事にとっておこうなんて思っていなかったし、
セルリアンブルー ヒューはよく使っていたかな。

本物とか偽物とか
わからない訳ではないけど
そんな習作にやっぱり本物は必要ないし、
そうじゃなくても
バーミリオン ヒューじゃないと
駄目なことだってあるんじゃない?


節約しろってことじゃないよ。

本物とか偽物とか
プロとかアマチュアとか
ブランドとかファストファッションとか
全部使いようになったなぁと思って。


あ、スタップな話とか
サムラゴチックな話がしたいわけでもなくって…
(かなりいろいろ思ったけど…。)

今はバーミリオン ヒューだって性能がいいらしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿